なつぞら

ウェブなつぞらSP 秋の大収穫祭』と題し、スピンオフドラマ「とよさんの東京物語」「十勝男児、愛を叫ぶ! 」の2作品(各50分)が NHK BSプレミアム にて 2019年 11月2日 の19時から21時に放送された。

 

嘘喰い

ウェブ『嘘喰い』(うそぐい)は、迫稔雄による日本の漫画作品。2006年24号から2018年3・4合併号まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載された。2022年7月時点でシリーズ累計発行部数は1000万部を突破している[1]。一部エピソードのOVA化も行われてい

特捜最前線

ウェブ『特捜最前線』(とくそうさいぜんせん)は、テレビ朝日・東映の制作により、テレビ朝日系列で1977年 4月6日から1987年 3月26日まで放送されていた刑事ドラマである。 2012年に東映チャンネルで放送された『特捜最前線2012 爆破秒前の女』と、2013年にテレビ朝日系列『日曜

「東南アジア研究の国際共同研究拠点」(IPCR)は、東南アジア地域研究研究所が発行する二つの学術誌(和文誌『東南アジア研究』と英文誌 Southeast Asian Studies


企業・団体メンバー一覧 | SLPとは | スマート・ライフ

ウェブ登録が完了した企業・団体メンバーの情報は「企業・団体メンバー一覧」へ随時掲載いたします。企業・団体のみなさまのご登録をお待ちしております。 令和4年10月31日現在


消化器外科

ウェブ乳腺外科 特色 大阪府がん診療拠点病院として、胃がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がんなど多岐にわたるがん診療を行っています。ガイドラインに沿った標準的な治療に加え、腹腔鏡手術、ロボット手術、化学療法、放射線治療などの最新の治療を行ったいます。

2021年度の共同利用・共同研究拠点「東南アジア研究の国際共同研究拠点」の年次研究成果発表会を下記の要領で実施いたします。 令和3年度(FY2021)東南アジア地域研究所共同利用・


【エロ漫画】蕎麦屋の看板娘の巨乳お姉さん父の入院で一度

ウェブ2022/10/04 · 仲間を集めて女性専用車両でカモを待つ巨乳淫乱お姉さん乗り込んできた兄弟に逆レイプ逆痴漢する!【史鬼匠人:逆痴漢専用電車】 休憩室に居たはずが目が覚めると拘束されエロ水着姿の女性キャスター同じくエロ水着で


【エロ漫画】逆痴漢専用SNSで集った仲間と電車の車両を占領

ウェブ2021/06/23 · エロ漫画HOME [おねショタ, 逆痴漢]【エロ漫画】逆痴漢専用SNSで集った仲間と電車の車両を占領する淫乱お姉さんたち。彼女たちはターゲットにしたショタな兄弟を取り囲んでフェラしたり、騎乗位で生挿入の筆おろしセックスしては強制中出しさせたりと逆レイプしまくる!


議長・副議長・役員名簿|北海道町村議会議長会

ウェブ齋藤 伸彦 さいとう のぶひこ 今金町 いまかねちょう 村瀬 廣 むらせ ひろし 芳賀 芳夫 はが よしお 初山別村 しょさん べつむら 木村 健一 きむら けんいち 鎌田 健治 かまだ けんじ 遠別町 えんべつちょう 西畑 広男 にしはた ひろお


2021年度 共同研究および、出版の公募を開始しました。 詳細はこちらをご覧ください。 https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/20201-koubo/


2020年度の共同利用・共同研究拠点「東南アジア国際共同研究拠点」の年次研究成果発表会を下記の要領で実施いたします。 令和2年度(FY2020)東南アジア研究所共同利用・共同研究拠


令和1年度 「東南アジア研究の国際共同研究拠点」共同研究・公募出版 採択課題 https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/20200615-2/


研究概要 2019 年度より始まったIPCR タイプIV(萌芽型)共同研究「移民・難民の表象分析と多様なアクターによる映像実践──アジア・アフリカにおける比較研究──」(代表:王柳


研究概要 2019 年度からIPCR タイプIV(萌芽型)共同研究「移動者がホームにもたらすもの──中国と東南アジアにおける人口移動と送り出し社会の変容──」の代表者をつとめる堀江


研究概要 2017-2018 年度にIPCR タイプIV(萌芽型)共同研究「1960-70 年代カンボジア王国におけるプレック・トノット多国間電力開発灌漑計画の形成史に関する研究」



2020年度 共同研究および、出版の公募を開始しました。 詳細はこちらをご覧ください。 https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/open_recruitm






令和1年度 「東南アジア研究の国際共同研究拠点」共同研究・公募出版 採択課題 https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/r1_saitaku_kadai/